kal-visuals-I-nd-LSCY04-unsplash.jpg
12.png

今後の活動内容

国際オーディオビジュアル創作者連合AVACIの主な活動内容の1つは、加盟団体に対する技術的支援であり、現在、世界の様々な地域の創作者協会や集中管理団体の設立に関する技術面及び法律面の相談に対応しています。

また、長い歴史を持つ集中管理団体(CMO)の皆さまにも、この新しいイニシアティブにご参加頂き、創作者たちやスタッフとともに、国際オーディオビジュアル創作者連合AVACIという新たな集合体の構築に加わって頂くことを、心からお待ち申し上げます。

全ての管理団体の技術及び専門性の水準を引き上げることがきるようになり、オーディオビジュアル創作者の統一された声とグローバル的に著作権擁護や公正報酬や地域向上が求められます。

この連合会は結成の初期段階でありますが、このプロジェクトに携わる多くの創作者や技術者は著作権や管理団体の設立に関しては数十年間の経験を生かして活動をお行い続けてきたベテラン達で、参加管理団体の弁護士は著作権に関する専門性が高く30年間以上の経験を持つ方たちです。

また、重要な点として強調したいのは、AVACIはオーディオビジュアル作品の創作者たち自身のプロジェクトであり、創作者同士が情報とリソースを提供しあうことを目的とする民間非営利組織だということです。AVACIは、最上級のプロフェッショナルスタッフとともに、その全ての目標の達成に取り組みます。


新型コロナウイルス感染拡大によるパンデミックが発生し、世界的に困難化状況に陥っているにも関わらず、AVACIの結成に携わる作者メンバーによる活動などは中断されていません。

実際、独自のオーディオビジュアル作品者連合会の結成に取り組み、5つの大陸を巻き込み及び9つ公用語を備えることで歴史的なイニシアティブを立ち上げていると共に、FESAALによって開始されたラテンアメリカをはじめユーラシア、アジア及びアフリカ集中管理団体への支援などを活発に行ってきました。

まもなく、第1回AVACI国際オーディオビジュアル創作者連合会合が開催され6つの言語での同時通訳が行われる予定です。5つの大陸を代表する脚本家や監督者と統合された役員メンバーの紹介やAVSYS Operative System 5.0 & Toolsのライブプレゼンテーションなども主催される予定です。

この機会に、各地域の事業管理団体への必要な支援を強調され5つの国際アライアンスによって生み出された次の時期の活動計画が提示されることも予定されています。

年間活動計画やウェビナーカレンダーが承認され、新型コロナウイルス感染症拡大によるパンデミックが納まると出席の形式で2022年の4月に行われる第2回AVACI国際オーディオビジュアル創作者連合会合の開催日も決定される予定です。

私たちの全ての活動とそれらの日付について詳細な情報の入手に当たって問い合わせください。