9.png
aapp.png

AVSYS ツールはオーディオビージュアル団体の発展のために非営利団体が開発したツールであり、AVACI会員メンバーには無料でご利用可能です。

AVSYS OS&ツールとは

AVSYS(オーディオビジュアル作品の統合オペレーティングシステム)はオーディオビジュアル著作権事業管理団体の全ての業務を制御・実行するために設計されたシステムです。

この高度なシステムは各事業管理団体の必要なレベルに合わせて、ウエブサイトの作成、現地登録のオーディオビジュアルの作品や著者のオンライン登録等新しい新興団体のための最も基本的なものから、全ての情報収集モジュールの集中管理や各事業管理団体への分配規則の適用、特定のモジュール設定、著作権の分配制度を生成することができる非常に高度なレベルも含まれています。

創作システムには、オーディオビジュアル作品著作者の識別管理のための特別なツールがあり、またどの事業管理団体に加入されているか、またその著作者と作品をリンクしたリストが表示できるツールも導入し、オーディオビジュアル著作者の権利の効果的な分配を迅速、明確かつ透明に達成するために必よな全てのデータが記載されています。

残念なことに現在存在する集団使用のツールはひどく二大遅れであり古いプログラミング言語を使用しているため、国際的な権利を分配する際に強い不整合や誤作動、一般的な不信感をもたらします。

AVSYは新興団体でも使用できますし、豊富なレパートリーや長い歴史を持つ事業団体の既存のシステムにも組み込むことができます。

その目的

FESAALのイニシアティブであるAVSYSシステムの開発は世界中のオーディオビジュアル作品の統合、識別及び文章化を可能にし、改善すること。
加盟国がオーディオビジュアル作品に関する情報や著者、脚本家及び監督に関する詳細情報交換等できるよう多用途で自動化されたシステムが開発されるよう適切なアクションなどを実行する。

メリット

AVSYSオペレーティングシステムは最先端の最新のテクノロジーを利用して設計されており、技術的及び経済的なリソースがない国でも、容易に操作やデータ交換ができるように考えられている。

統合及びツール

オーディオビジュアル作品著作者データベース

 

AVACI DBはオーディオビジュアル作品の著者、監督、脚本家、プロデューサーの情報を集めた国際的なデータベースで、作品の詳細、著作権の割合、国際代表事業団体などの情報も含まれています。その目的は、集中管理事業団体間でのレパートリーの交換や、若しくは第三者との交換を簡素化し、透明化することです。AVACI DBに収録されている情報は、加盟団体によって提供・更新されており、資料としても扱えると共に、報酬分配の業務にも利用することができます。

AVACI DBは、UAC(Unificated Audiovisual Code)といった 独自の識別コードを使用しています。このコードは、著者と作品に使用され、他の既存の国際コードとリンクできるという利点があります。これにより、集中管理事業団はその利用可能性と好みに応じて、必要なコードでレパートリーを運用し、交換することができる柔軟性を備えています。

AVSYS MATCHING TOOL

AVACI MATCHING TOOLとは「playli」作品放送を処理する特定のモジュールです。


CMOより代表される作品の著者と作品タイトルを精密に特定できます。


特別にデザインされ文章、頭字語、追加情報、アクセント等の違っていても作品とその著者の一致が特定できます。 

 

AVSYSに統合されたモジュールとなっていることから、著作権決済の手配や管理など大幅に簡素化および自動化できます。


主な特徴

マルチプレイリスト、TVケーブルテレビ、OTTs, VODs、サテライト等。

ローカルや外部マルチコード

ハッシュ機能より検索

一致比率による検索

シーズン及びエピソード別

重複検出

スタッフ(監督、脚本家、プロデューサー)

決済モジュール統合

処理可能なデータ

プラットフォーム

原題

代替タイトル

包装日時

シーズン及びエピソードナンバー

製作年

作品コード

脚本家/著者

キャスト/出演者


国籍

あらすじ

sistema.png
 
13.jpg

紹介動画

5.png